セキボンのデュエルマスターズ日記inブログ

北海道 社会人DMプレイヤー 超不定期更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DMGP6th レギュレーションへの異議と署名活動について

12月14日に,デュエマ公式HPのクリエイターズレターにて,初のチーム戦となるGP6thのレギュレーションが公開された。



Screenshot-2017-12-28 クリエイターズ・レター Vol 21 デュエル・マスターズ(1)
は?

IMG_8194.jpg
正気か???

◆勝率優先ルールの問題点
まぁ知ってる人は知っていると思うので,知らない人向けに説明すると,



2勝1敗よりも3勝0敗の方が価値が高いとするこのルールだと,先にチームで2敗したチームが明らかに有利になる。



例えば最初の方でサクっとチーム2敗したとする。2敗したチームは後がない。もちろんそれと当たるチームも後がない。
そこで片方のチームはこう提案する。



「勝った方が3-0ってことにしませんか?」



相手チームも断る理由がない。互いに負ければどうせ終わり,3-0の方が予選を抜けやすいというならば,快諾するだろう。

もちろんすべてのチームがこう提案するとは限らないし,いわゆる非紳士的行為というヤツなのだろう。しかし自分には取り締まる方法がまるで思いつかない。というかもし自分が同じ状況ならチーム2敗した時点で絶対に提案する。運営に取り締まる術がない以上,完全にやったもん勝ち



この結果,例えば2-1を繰り返してはいるものの,1敗ラインで食い下がって来たチームが,勝てば予選上がりの最後の最後で2敗して勝率が足りず予選落ち。
一方とっとと2敗して,その後“本当は2-1だが3-0ということにして”勝ち続けたチームは予選上がり。

そんな現象が発生するのは目に見えている。



「2勝1敗よりも3勝0敗の方が価値が高い」まぁわかる。
ただ「実力で勝ち取った3勝0敗と,捏造された3勝0敗の価値は同じ」これじゃあまりにも本来の主旨とかけ離れている。
Screenshot-2017-12-28 クリエイターズ・レター Vol 21 デュエル・マスターズ
こんなレギュレーションを野放しにして「健全で楽しいイベント」と果たして言えるのだろうか。

もちろん「相手チームの得点率の平均」(いわゆるオポ)を優先すると,最初の方でチーム敗北するとほぼノーチャンになってしまうというデメリットが存在する。とはいえ先述の通り,「チームの勝率」を優先するよりかは遥かに「健全で楽しいイベント」であるように感じる。

よって,今回のGP6thのレギュレーションの「予選ラウンドの順位」の部分について,「優先順位2 『各個人が勝利したラウンド数』を3人分合計した数(チームの勝率)」を優先順位3へ,「優先順位3 相手チームの得点率の平均」を優先順位2へ変更すべきである(要はチームの勝率よりオポを優先しろ!!)というのが私の結論である。




◆では一体どうしたらいいのか?
レギュレーション発表直後,少なくとも自分のTwitterのタイムラインでは,やはり先述の問題点に気付いている人からレギュレーションへの疑念の声が上がっているように感じた。
とはいえ,Twitterで数人が愚痴っているだけでは何も変わらない。かといって公式に直訴しようにも,私一人の力では弱すぎる



ならば,その声を大きくして,公式に伝えるべきだ。



ということで,レギュレーションの変更要請に関する署名活動を行いたい。



そして自分は本気なので,同じく本気の署名を集めたい。
よって,署名にはハンドルネームデュエマIDの記載を必須とした。

もし私の考えに賛同していただけるのであれば,ぜひこの署名に協力して欲しい。

shomei.png


……また,「レギュレーションを変更すべきだ!!」という声ばかり集めて「これがプレイヤーの声です!!」って発信するのもなんか違う気がしたので,

「いや,別にチームの勝率優先のままでいいでしょ」という署名も同時に募集しようと思う。

もし私の考えに反対なのであれば,最初の選択肢を『いいえ』に変更して同じく署名していただきたい。



◆おわりに
とってつけたような補足になるが,別に私は公式を批判したいわけではない。
ただ,本気でGP6thの開催を楽しみにしているだけなのだ



この署名活動自体にも,批判の声があることは覚悟の上で。
一人でも多くの「プレイヤーの声」を公式に届けるチャンスだと思うので,お手数ではありますが,どうかご協力よろしく願います。



(セキボン)



追伸:この記事を書いたもう一つの理由として,
“チーム2敗した以降の対戦で,チーム成績を勝った方が3-0になるよう提案する”というやり方を知らない人も結構多いだろうなってこと。

先述の通り,現状のルールでは提案し得だと言わざるをえないので,詰まる所,チーム2敗以降は“知ってる人”と“知らない人”との間で予選の上がりやすさが変わるということである。これはもはや健全で楽しいイベントとは言い難い。

というわけで,まずは多くの人にこのレギュレーションの問題点を知ってもらおうというのも,この記事のねらいのひとつである。


(※何か意見・質問・批判等あれば,直接私にお伝えいただければ幸いです)
スポンサーサイト
[ 2017年12月29日 19:17 ] カテゴリ:雑談 | TB(0) | CM(2)

デュエルマスターズ全国大会2017 北海道大会 エリア代表戦

card100050341_1.jpg

死亡。



[ 2017年12月05日 21:39 ] カテゴリ:大会レポ | TB(0) | CM(0)
総閲覧数
Twitter
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ニコニコ生放送
プロフィール

セキボン

Author:セキボン
もっとくわしく
※管理画面



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。