セキボンのデュエルマスターズ日記inブログ

北海道 社会人DMプレイヤー 超不定期更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トリーヴァVANナイン

card100011651_1.jpg

セキボンの今期の集大成(と呼ばせてください

IMG_2990.jpg

『トリーヴァVANナイン』
ぼーると
【光】
1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x アポカリプス・デイ
2 x 偽りの王 ナンバーナイン
【水】
4 x パクリオ
3 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
4 x ドンドン吸い込むナウ
【自然】
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x フェアリー・ライフ
4 x ビクトリー・アップル
2 x アラゴト・ムスビ
【虹】
4 x フェアリー・シャワー
4 x 超次元ホワイトグリーン・ホール
【零】
2 x 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン

【P】
3 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の花カイマン/華獣の覚醒者アリゲーター
1 x 激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x アルプスの使徒メリーアン/豪遊!セイント・シャン・メリー
1 x 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX


どうも、案の定放置プレイを強いられるブログです。サボり魔。
いつも通りぐちゃぐちゃ書くので読みにくくても勘弁。


──。


おやつで何の成果も上げられず、その後はすっかり憔悴しながらもビマナを中心にデッキを構築。
そこで気付いたのが、「現環境はVANナインで勝てるんじゃないか?」ということ。(といってもここでいう現環境とはおやつcs終わって少し後くらいの環境のこと、ちょうど白刃鬼が活躍しキューブもかなり多かった)

この時主に白刃鬼・黒戦慄・5cキューブを練っていて、キューブにVANナインを積んだところコレが大当たり。
ならば別にめくらなくても強いデッキが組めるのでは?と思い、トリーヴァでVANナインを決める主旨のデッキを作ることを考えた。
サイクリカホワグリの受けの強さもキューブ譲り、といったところか。

また色を限定した分枠に多少余裕があるので、ここをどうするか吟味。
ちょうど白刃鬼のパクリオの強さが見直されていた時期で、実際強いと思っていたので投入。
このデッキではシャワーに並んで生命線なので、迷わず4投。

そしておそらく誰もが気になるであろう、野菜ギミック。
アップルを採りたいと思っていて、採りたいと思った最初の理由はこの色で墓地回収ができる貴重なカードであるため。
かなーり昔野菜を投入したトリーヴァゼニスを組んだことがあったので、その影響もある。
林檎以外の野菜枠としてアラゴト。言うまでもなくパクリオの相性で投入で、ハンドレスになっても行動を起こせるのが本当に強みだなぁと。
野菜基盤の使用感についてはまた後ほど。


……白刃鬼にしろ黒戦慄にしろ、この頃はなんでも誰かの受け売りでデッキを組んでたと思う。
所謂コピー厨って言うのかな。

それで、やっぱ自分で1からデッキを組んでみたいって思ってこのデッキの制作に着手し、スカイプ会議勢に「トリーヴァは弱いってwww」と煽られながらも、デビュー戦でベスト4に入れたり、準優勝できたりした時は、無名だったトリーヴァが少しでも脚光を浴びてくれて嬉しかったぜ。

まぁ、もちろん負ける時は負けるけどね。

──。

デッキについて。

デッキの柱となるのはシャワーとパクリオ。この両方とも引けない試合はまず無理。
必ずどちらかを2ブーストの次にキャストしたいので、4投安定な上に青15枚。
2-4で動きたいのでホントは2コスブースト9投したい。

殴ってくるデッキにはとにかくホワグリで凌ぐ。パクリオも有効。
一旦アポカリでリセットするのがほぼ絶対で、そっから試合を組み立てるイメージ。とにかく凌ぐ。

逆に殴ってこないデッキはビマナにしろキューブにしろハンデスにしろとにかくVANもナインも刺さる(はず)なので、とりあえずこれらの着地を目指す。

とりあえずこれだけがしたいデッキ。
ぶっちゃけビマナって感じではないし、俺自身このデッキを「トリーヴァビマナ」と呼びたくない。トリーヴァVANナイン。


──。


採用カードについて。

■ビクトリー・アップル
マナ加速、墓地回収、マナ回収。終盤になればなるほど強い。
アポカリの頭数を実質1コスでそろえられるのが特徴で、相手に場数の調整を許さない。
パワー2000なので殴り返しに使える。特に速攻や墓地のヒビキを牽制できるのは強み。
また野菜を基盤に据えることでデッキがクリーチャー寄りになるので、バトウヒビキなどの呪文メタに抵抗できたり多少ヴォルグに耐性ができる。

墓地にクリが無いと鈍かったり、序盤に来ると腐りやすいなどのデメリットがあり、クセも強い。


■サイクリカ
カードパワー暴れてるカード。このデッキではホワグリシャワー吸い込むくらいしかないがそれでもカードパワーが暴れてる。
ホワグリとあわせることで鬼のような堅さになるのは言わずもがな。
逆に殴ってこない相手には基本的にシャワーを打ち続ける用カードなので、シャワーが引けないと同時にこいつも腐る現象が起こる。その辺も加味して3投で安定してる。

■ナイン
デルフィンじゃない理由を聞かれることがあるが、その理由として
モルト系相手に必ず立てたいというのがある。大事なことなので文字色変えた。

モルト系のデッキはこのデッキのコンセプトであるVANナインが致命傷にならないデッキであるが、先ほども述べた通りまずはパクリオなどで妨害しながらアポカリリセットを起点にする。
そこで相手の引きがよっぽど強くない限りは、必ず息切れするタイミングがあると思う。そこでまずナインを投げる。(アップルのお陰で割と思ったタイミングで好きなカード投げれるよ・。・v)

基本的にモルトに突っ立ったナインをどうにかする札は無いし、次元型だろうとシュゲだろうと多少なりとも呪文が入ってるデッキなので、その辺を一気に腐らせることが出来る。

またこれらのデッキの受けはほとんどデスゲ、たまにスナイパー・プリンがあるくらいなので、ナインを突っ立てた後はアップルやサイクリカ、超次元を駆使して適当に横に並べて、ジャスキル以上の打点を揃えてフルパンするのが勝ち筋となる。その際にガイバーンでやられかねないデルフィンは不安であると判断した。

あくまでこの俺のトリーヴァの場合の勝ち筋のつくり方がこうだ、ってだけであって、これが全てではないしデルフィンの方が優れている点はあるのでぶっちゃけ構築次第よ。

……ちなみにラストストームはわりと最近採用したんだけど、先ほど述べた横に並べる際に圧倒的な切り札となる。パクリオで盾が8枚9枚はザラなんで、すげぇ強い。


──。


そのほか。

ビマナ系はVANナインが刺さるので勝ちたい相手ではあったが、最近になって出てきたサイクリカ刃鬼は中盤域がとてもパクリオでは処理しきれないので苦手。同じ理由でランデスサイクリカも結構苦手。白刃鬼はそれまでは割と勝てる相手だったが、MAS採用が蔓延し始めててエビ張られると正直キツイ。

また各ビート系にトンギヌスの槍が採られるのが一般的になってきたのもかなり逆風。コンセプト的に。

ハンデス系はサイクリカお願い感。引ければ勝てて引けなければ負ける。黒単より青黒の方がキツイ。

速攻は2-4ホワグリしないとほとんど負ける。ホワグリはもともと3だったが速攻のためだけに4入ってる。

墓地は純墓地ならばヒビキが辛いが、先攻取るか、後攻でもアップルで牽制できるとわりと凌げる。凌いだ後はホワグリで吸い込むを埋めつつパクリオでGTを埋め立てる作業。勝ち筋は盾整えてからのフルパンかLOまで粘るか。ただ一般的に言うビマナvs墓地っていう考えは捨てた方がいい。GTが刺さる刺さる。
スクランブルは無理。さよなら。


──。


採用検討カードについて。

■反スパ
一番入れたいカード。アポカリしか基本的に停止させるカードがないので、反スパを仕込んでそれをバックに盾を割りに行くプレイができるようになる。
またトリーヴァの性質上盤面にさわることが難しいのは仕方ないのだが、このカードでタップキルが狙えるようになる。地味に重要。
あとただのドロソとしての起用や色、サイクリカで打ちまわせることも評価できる。

■ピクライ
9枚目。前述。

■エナホ
■スロット
ドロソ。サイクリカで打つ呪文が貧弱なのでそれを強化するねらい。
.
■フェアホ
■イントゥ
■セブンス
■社
マナジャンプ。これらが入ると「ビマナ」寄りになる

■アマテラス
■エンフォ
汎用。なくてもいいと思ったので入ってない。
エンフォあると速攻と墓地、シュゲイなど楽になるが、無くても勝てるし、有っても負けるからそんな感じ。
あとやっぱりクリーチャー多く採りたいのでギアはうん。。。

■聖地
はい、最後にこのカードの解説。
自分がボールトで準優勝した翌日、シーザーさんがなんとトリーヴァで準優勝。その時に目を見張ったのがこのカードで、トリーヴァVANナイン(デルフィン)にスポットを当てたのが俺だとしたら、シーザーさんはトリーヴァの構築を確立したと言っていい。実際今ボールトで見るトリーヴァはシーザーさんの構築に近いと思う。

まぁそういうわけでやりたいことが同じ(VANナイン・デルフィン)で中盤域や受けの仕方が結構違うので、自分としては別物かなぁと思いつつ聖地に対する評価をば。実際に使ったわけじゃないからアレだけど。

先述の通りアップルはこの色では貴重な墓地回収。それを聖地ホワグリでできる。
また墓地が2~3枚で打っても十分なマナジャンプとなり、スピードがあがる(「ビマナ」になる)。もちろん普通に中盤~終盤で一気にマナを加速する目的でも使える。
苦手なランデスへの回答となり、さらに弾丸のケアにもなる。

などなど。思いついただけでもこんな感じ。聖地万能だね。

ただ繰り返しになるけど野菜基盤には野菜基盤にしかできない動きがあるので、所謂「聖地型」とは別物として考えていきたいかなぁと。もちろん聖地型にも興味あるし、これから触っていくつもり。

なんかシーザーさんに許可得ずにこんなこと書いちゃったけど大丈夫かなこれ。大丈夫だよね・・・?()

──。


とまぁ、そんなわけで。ホントにぐちゃぐちゃ書いた。書き残しありそうだけど疲れたからこんな感じで。
質問は受け付けます。それなりに。


──。


無事、DS権利取れました。めざせ全国。



おわり
スポンサーサイト
[ 2014年10月06日 00:36 ] カテゴリ:デッキ(ガチ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

総閲覧数
Twitter
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ニコニコ生放送
プロフィール

セキボン

Author:セキボン
もっとくわしく
※管理画面



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。