セキボンのデュエルマスターズ日記inブログ

北海道 社会人DMプレイヤー 超不定期更新
セキボンのデュエルマスターズ日記inブログ TOP  >  カバレージ >  【非公式カバレージ】Round.2 北のkuro vs NAC【全国大会2019エリア代表決定戦北海道大会】

【非公式カバレージ】Round.2 北のkuro vs NAC【全国大会2019エリア代表決定戦北海道大会】

card100160607_1.jpg


Q.これは何?!
A.エリア予選で、観戦役のセキボンが独断と偏見で選んだアツい卓を、公式に無許可でカバレージにしちゃうコーナーだよ!!!(プレイヤーには許可取得済)

注)人生初カバレージです
注)今回は鮮度優先で書いているので、カバレージとしての完成度はあんまり期待しないでね

ではどうぞ!!



◆バックナンバー
Round.1 なつひこ vs イマイズミ



Round.2
北のkuro vs NAC




第2ラウンド──。

ここからは、「bye持ちの選手達」も参戦し、戦いは更に過熱する。



具体的には「taki」「タク.」「NJ」、そして関東からの刺客「えーじ」である。

第2ラウンドのカバレージはこの中の誰かにしよう……と筆者は考えていたのだが、それよりも気になるマッチアップを見つけてしまった。

それが「北のkuro vs NAC」というカード。



NACはもしかしたら道外の読者には馴染みのない名前かもしれないが、北海道のcsに出ていれば、必ずと言っていいほど目にする名前だ。
精力的かつ紳士的にデュエマに打ち込み、向上心も人一倍。「赤白」「チェンジザ」「ジョラゴン」の三竦みの環境の時には、一早く「赤入りチェンジザ」の優位性に気付き、独自にデッキを作り上げていた。ビルダーとしてもチューナーとしても、高いセンスを併せ持つ選手だ。
cs優勝は2018年を最後にご無沙汰しているが、入賞回数はかなりのもの。今日も狙うはもちろん優勝だ。

北のkuro(以降kuro)は、筆者セキボンとは、互いの性格・性質のせいか、かつては犬猿の仲だった(マジで苦手だったw)。しかし今では、毎週のようにkuro邸にお邪魔し(てはNintendo Switchを勝手に占領してテトリス99をし)たり、一緒にデュエルマスターズの調整をする(ことはほとんどなく、大抵セキボンがさっさと寝る)ほどの、犬猿の仲となった。ちなみに同期である。
プレイヤーとしては2ブロックのようなカードプールが限定された環境を好み、今までのエリアやGP8th2ブロックなどに精力的に打ち込んできた。
「今回は本当にスペシャルなデッキを用意した」と豪語するkuro。この勝負の命運やいかに。



──。



先攻はkuro。《ブレイン・タッチ》をセットし、どうやら「ハンデス」を軸とするデッキの模様。しかし「スペシャルデッキ」を謳うからには、もう一捻り、二捻りあるに違いない。

一方NACのマナセットは《ザババン・ジョーカーズ》。順当に行けば「赤青ジョー星ミッツァイル」と予想される。



2ターン目に動いたのはkuro。《ア・ストラ・ゼーレ》を置いて《ウォズレックの審問》!!

card100147248_1.jpg



先攻2ターン目で確実に主導権を奪うこのカード。kuroにとっては絶好の滑り出し……となるはずだった。しかし、NACの手札を覗いてkuroは思わず漏らしてしまう。

「全部重い」

kuroの表情が陰るのも無理ない。この時のNACの手札は《メラメラ・ジョーカーズ》《メラメラ・ジョーカーズ》《夢のジョー星》《“魔神轟怒”万軍投》《BAKUOOON・ミッツァイル》。あまりにもNACの手札が強すぎたのだ。

選択肢としては《メラメラ・ジョーカーズ》一択となったが、主導権を奪うには至らない。2ターン後の《万軍投》がkuroの脳裏に浮かぶ。



一方のNACは3ターン目に備え、2ターン目を《BAKUOOON・ミッツァイル》のチャージで終える。



とはいえNACも、先ほどの《審問》が刺さらなかったわけではない。3ターン目の《メラメラ》→《万軍投》を達成するには、「火文明のカード」が求められる。

kuroの3ターン目はマナチャージのみ、果たしてNACのトップは……

card100061284_1.jpg



なんと3枚目の《メラメラ・ジョーカーズ》!待望の赤マナである!!

当然NACのプレイは《メラメラ》→《万軍投》!そして捲れたGRは、《全能ゼンノー》と……《パッパラパーリ騎士》×2!!


これにはさすがのkuroも悶絶。NACの動きはこれで終了だが、リソース面で大きく差をつけられてしまう。




だが、当然kuroも食らいつく。kuroはマナチャージからの《「本日のラッキーナンバー!」》!!

宣言は「3」。赤青ジョー星ミッツァイルに対し、最も有効な数字だ。



これを受け、返しのターンのNACは決心する。



「パッパラでプレイヤーを攻撃!」



このタイミングでのナンバー3。NACには、kuroの手札に眠る《Wave ウェイブ》が透けて見えていたに違いない。

逆にこの攻撃が通れば、「盤面の処理をしなければNACのダイレクトアタックを許し、盤面の処理をすれば(ラッキーナンバーが途切れるので)NACの次の展開を許す」という、kuroに分の悪い二択を迫れるのだ。

もちろん、シールドトリガーで返されるリスクはある。とはいえ、いつまでも試合をダラダラと引き延ばすことは許されない。“待てば待つほど、状況は悪化する”その判断が、パッパラをkuroの盾へと向かわせたのだ!



シールドへ手をかけるkuro。そして、状況は一変する。

card100171965_1.jpg



シールドトリガー《♪お眠りララバイ》!!捲れたのは《浄界の意志 ダリファント》と少々頼りないが、今は横向きになっている《パッパラ》を殴り返すことができる、それだけで十分だ!



しかしNACも怯まない。2体目の《パッパラ》も盾へ向かわせる。もちろんこれも、盾を詰め続けることが、今後の試合展開を有利に進めると判断してのこと。



──。

card100171965_1.jpg



ここでシールドから舞い込んできたのは、まさかの2枚目の《♪お眠りララバイ》!!!《天啓 CX-20》が捲れ、これも《パッパラ》と相打ちを取れる。

これにはさすがのNACも渋い表情になるが、それでも一縷の勝ち筋に向け、《ゼンノー》も盾へ突っ込んでいく。



──ターンが返ったkuro。嬉しい誤算により、ヘタな二択をしなくて良くなったkuroの動きは、当然《Wave ウェイブ》→《ラッキーナンバー》「3」。しかも《Wave ウェイブ》の効果で《全能ゼンノー》まで捲れるオマケつきだ!

あとは先述の《ダリファント》と《天啓》がそれぞれ《パッパラ》と《ゼンノー》を殴り返し、万全の体制でkuroはターンを明け渡す。



後攻4ターン目。このままkuroの流れに入ると、筆者は思っていた。

……しかし。盤面が《パッパラ》1体のみのNACは、もうすでに覚悟を決めていたようだった。何故なら、《パッパラ》が早期に駆けつけてくれた彼には、6つのマナがあったからだ!



「《トムのゼリー》を召喚。盤面2体を破壊して、5マナで《BAKUOOON・ミッツァイル》!!」

card100147227_1.jpg



祈る両者。勝利の女神が微笑んだのは──。



card100171953_1.jpg

NACだった──!!!捲れたのは《バイナラシャッター》と《全能ゼンノー》!!!

マナドライブがしっかり起動した《バイナラシャッター》でkuroの《ゼンノー》はあえなく退場!そのまま躊躇なく、NACのクリーチャーたちが、kuroの盾を、そしてkuro本体を、貫いた!!!



Winner:NAC



「すべて噛み合いました!」と戦況を振り返るNAC。3ターン目に赤マナが引けたのも、序盤に《パッパラ》が捲れたのも、ナンバー3をすり抜けた《バイナラシャッター》も、確かに豪運ではあった。

しかしそれ以上に、そこに至るまでのすべてのプレイ、そしてエリア優勝にかける彼の思いが、NACに勝利を呼び込んだと言って差し支えないだろう。

……実はNACはこのところ、北海道のcsでは通常・2ブロを問わず、赤青ジョー星ミッツァイルを多用していた。正直リスクもあったであろう一つ一つのプレイに、迷いがなかった(ように筆者には見えた)のは、そうした普段の鍛錬の賜物だろう。



……一方、正直細い勝ち筋を通されて敗北を喫したkuro。あそこで赤を引かれなければ、《パッパラ》じゃなかったら、「3」のGRが捲れていたら、《バイナラシャッター》じゃなかったら──。

たらればは尽きないが、kuroは最後にこう付け加えた。



「《御嶺》が捲れてたらなぁ」



そう、先攻5ターン目のkuroの手札には、あの戦況を一瞬でひっくり返せるスーパーカードがあったのだ!




card100142193_1.jpg




Round.3につづく














──宣伝。

この試合で北のkuroが使用したデッキの解説記事が以下である。




有料ではあるが優良な記事なので(激寒)、これからエリア代表決定戦や2ブロのcsを控えていて気になるという方に、ぜひオススメしたい。



ほんとにおわり
スポンサーサイト



[ 2019年12月04日 00:41 ] カテゴリ:カバレージ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

総閲覧数
Twitter
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ニコニコ生放送
プロフィール

セキボン

Author:セキボン
もっとくわしく
※管理画面