セキボンのデュエルマスターズ日記inブログ

北海道 社会人DMプレイヤー 超不定期更新
セキボンのデュエルマスターズ日記inブログ TOP  >  カバレージ >  【非公式カバレージ】Round.3 taki vs 亘【全国大会2019エリア代表決定戦北海道大会】

【非公式カバレージ】Round.3 taki vs 亘【全国大会2019エリア代表決定戦北海道大会】

DZlXFPOUMAAmSJQ.png

Q.これは何?!
A.エリア予選で、観戦役のセキボンが独断と偏見で選んだアツい卓を、公式に無許可でカバレージにしちゃうコーナーだよ!!!(プレイヤーには許可取得済)

注)人生初カバレージです
注)今回は鮮度優先で書いているので、カバレージとしての完成度はあんまり期待しないでね

ではどうぞ!!



◆バックナンバー
Round.1 なつひこ vs イマイズミ
Round.2 北のkuro vs NAC


Round.3
taki vs 亘




ラウンドを重ねれば重ねるほど、強豪同士がぶつかり合う──それはスイスドローの性質上至極当然なことではあるが、その事実をこれでもかと感じさせられたのが、この「taki vs 亘(わたり)」のマッチアップである。



taki。語るまでもない、北の最終兵器。
詳しい紹介はラッシュメディアが取り上げているのでここでは割愛するが、彼のデュエルマスターズへの情熱はもはや超人的である。

「デュエルマスターズは仕事」「デュエルマスターズは生活の一部」takiの前に「モチベーションが高い・低い」などという概念は存在しない。

takiが通話グループ「マラかっち」に所属したのは約2年前のことで、筆者セキボンがノリと勢いで突っ込んだ。するとその4か月後に入団する「◆ドラえもん」と共に頭角を現し、今ではすっかりマラかっちの看板選手に。
常に環境の最先端を行くスタイルで、今シーズンのcs優勝は圧巻の5回。csの数も規模も恵まれない北の大地で、多少の遠征を挟んだにせよ、bye持ちでこのエリア代表戦に挑んでいることからも、彼の超人的な強さが伺える。

「全国大会に出るまでは死んでも死にきれない」

takiがこの日のために温めに温め続けた“秘蔵のデッキ”。彼の目はすでに、頂点を向いていた。



──しかし、その情熱は亘も同じ。亘も北海道勢ならば知らない人はいないであろう、cs上位常連だ。
2019年シーズン初めの第2回みついCSin仙台(4.8倍)で準優勝を収めてロケットスタートを決めると、2回の優勝を含む多数のcs入賞で、気づけばポイントは10000超。byeこそ得られていないものの、同じく北の大地でここまでポイントを盛れていること自体、十分賞賛に値する。

「打倒マラかっち」──かどうかは定かではないが、亘を中心とする「もう一つの北の調整グループ」の存在は、takiにとっても脅威であろう。



この勝負、しかと見届けよう──。



──。



後攻のtakiは1ターン目、《ザババン・ジョーカーズ》からの《ア・ストラ・センサー》で《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》を手に入れる。一見すると「赤青ジョー星ミッツァイル」のようにも見えるが、それにしても《ア・ストラ・センサー》が異彩を放っている。

一方の亘は《Wave ウェイブ》《霞み妖精ジャスミン》をチャージして《フェアリー・ライフ》を唱え、《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》がマナに落ちる。順当に行けば「シータミッツァイル」の様相だ。



後攻2ターン目。takiが《“魔神轟怒”万軍投》をマナに置いて唱えたのはなんと《ホメホメ老句》!!どこまでも異彩を放ち続けるtakiのデッキだが、《ホメホメ老句》の効果で手札から落ちたカードで、その一角が明らかとなる。

落ちたカードは《ア・ストラ・センサー》と……

card100171896_1.jpg

《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》!!!そう、takiの秘蔵デッキとは「赤青カリヤドネ」だったのだ!!

恐らく、いや間違いなく母数1。北の強豪takiの使用デッキが「カリヤドネ」であることなど、一体だれが予測できただろう?とにかく、デッキ全体が異彩を放っていた。
──いや、厳密には、筆者セキボンは知っていた。takiがマラかっちで、道外勢相手にこのデッキを回し続けていたことを。そしてマラかっち以外の北海道勢全員に、決してバレることの無いよう、ひたすらに隠し続けていたことも!!

takiはこのデッキの完成度に絶大な信頼を置いていた。だからこそ、takiはこの日のラウンドが始まってからずっと、自信に満ちた表情をしていた(ように筆者には見えた)。

“今日優勝するのは、俺だ”、と。



一方の亘はこの突然墓地に出現した《カリヤドネ》に動揺を隠し切れ──、

……、いや、亘はまったく動揺していなかった。それは、彼が知っていたから。いや恐らく、この会場にいる多くの人が、既に知っていたのだ。



“takiがカリヤドネである”、と。



理由は至極簡単だ。

──ここが、Round.3だから。Round.2の時点で、takiが戦う卓の周りには、すでに対戦を終えたプレイヤーたちの人だかりができていた。

takiは、強豪であるが故に、目立つのだ。「takiがどんなデッキを持ち込むのか」それはこのエリア戦に臨む北勢ならば、誰もが気になるトピックなのである。それがまさかの「赤青カリヤドネ」ともなれば、ギャラリーが騒がないわけがない。takiのデッキは、瞬く間に拡散したのだ!



とはいえ亘は試合前、筆者に対し「回したことの無い対面ですからね。正直当たりたくないですよ」と漏らしていた。デッキがバレてもなお、takiが隠し続けてきた意義は、十分にある。



……さて、話を二人の試合に戻そう。亘の3ターン目は《ブレイン・チャージャー》。2-4と綺麗につながる理想的な動きだ。



3ターン目。takiはまたしても《ホメホメ老句》で墓地肥やしにかかる。《カリヤドネ》《ザババン・ジョーカーズ》が墓地に落ち、これでアクションは終了……かに思われた。



「2枚カード捨てているので1マナ、」


card100177299_1.jpg



唱えたのは《“魔神轟怒”万軍投》!!なんと、《ホメホメ老句》でその条件を達成してみせたのだ!!

《万軍投》からのGR召喚で《パッパラパーリ騎士》がマナを肥やし、《ダラク 丙‐二式》が墓地を肥やす!

card100160655_1.jpg

もう1体は《回収 TE-10》で不発に終わるものの、takiの墓地は既に9枚!!次のターンには4ターン目にして《カリヤドネ》が飛んできそうな勢いだ!



一気に盤面が優勢になるtaki。「この時は正直負けを覚悟しました」と亘はその瞬間を振り返る。



しかし、諦めかけた亘に対し、勝利の女神は微笑んだ──!!



card100147248_1.jpg



亘がトップで引き込んだのは《サイバー・K・ウォズレック》!!!

どうしてシータミッツァイルにそんなカードが?!と思う読者も多いかもしれないが、この《ウォズレック》こそ、亘らの調整グループが導き出した、“回答”だったのだ!!



《サイバー・K・ウォズレック》が光るのは特に同系戦だ。シータミッツァイル同系を意識して、《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》《Wave ウェイブ》の大量採用が当たり前になってきている昨今、相手のナンバー「3」宣言を意識して、GRクリーチャーのコストを「4」で統一するプレイヤーが多くなってきていた。それは、相手の《ラッキーナンバー》「3」で自身の《ラッキーナンバー》を止められた際に、GRクリーチャーはいくらでも出せるようにするためだ。

……そこで頻発したのが“ナンバー「4」の打ち合い”である。

ナンバー「3」宣言をすれば相手のナンバーは止められるものの、大量展開を許し、結局負けに直結するため、多くの場合ナンバーは「4」宣言を行うことになる。こうなると、《ラッキーナンバー》は止められない状態が続き、お互いの《ラッキーナンバー》《Wave ウェイブ》が尽きるまで、ひたすら《ラッキーナンバー》を打ち合う事態となるのだ。

……その状況を打開するのが《サイバー・K・ウォズレック》。お互いの墓地の《ラッキーナンバー》を唱えれば、「3」と「4」を同時に封じ込めることができ、不毛な同系戦を一気に物にできるのだ!



もちろん、採用意図はそれだけではないだろう。《ラッキーナンバー》が環境にこれだけ蔓延り、また自身も《ラッキーナンバー》を扱うデッキだからこそ、「コスト3以下の呪文を合計2枚まで唱える」という効果が、多くの場面で有効に働くと判断し、今日の採用に至ったのだ!!



……さて、「シータミッツァイル」には亘らしか入れないような《ウォズレック》が、まさかこのような形で活躍することになろうとは。まさかこんな形でtakiを苦しめることになろうとは。

亘もこればっかりは嬉しい誤算だったのではないだろうか?



亘はtakiの墓地から《ア・ストラ・センサー》2枚をチョイス!それらはどちらも《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》を亘の手札にもたらした!

そしてそれだけではない。《ウォズレック》をこのタイミングで引き込んだ本当の価値は、“相手の墓地が2枚消えること”!!カリヤドネの着地ターンをズラすことに成功したのだ!!



戦況は一転して亘ペース。しかしtakiも負けじと《「本日のラッキーナンバー!」》!本来であれば「4」と言いたいところだが、さすがに先ほど亘が回収した2枚の《ラッキーナンバー》を警戒して「3」宣言。これで墓地を8枚とし、ターンを返す。



返しのターン、亘は待望の赤マナとなる《BAKUOOON・ミッツァイル》をマナに置くと、手札の《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》を1枚捨てながら《“魔神轟怒”万軍投》!……が、捲れたのは《バイナラシャッター》《全能ゼンノー》《無限合体 ダンダルダBB》。この捲りに対し、不服そうに首を傾げる亘。このままターンを渡すしかない……。



さぁ、いよいよtakiのターンだ!墓地8、マナ6、着地するのはもちろん──


card100171896_1.jpg



《魔導管理室 カリヤドネ》!!!ようやく着地にはこぎつけたものの、takiが選択したのは《ラッキーナンバー》《ホメホメ老句》、そして《ダラク》が肥やした《「アフロ行きま~す!!」》。墓地とハンドを整え直し、次に備えるようだ。

《ラッキーナンバー》の宣言は、……長考の末「4」を選択。これでターンを返す。



しかし。亘はこのわずかな“勝機”を見逃さなかった──。



亘は《Wave ウェイブ》を召喚!GR召喚はtakiの「4」宣言で止められているが、唱えるのは先ほど捨てた《ラッキーナンバー》だ!……宣言は「3」!

そして、盤面の《ダンダルダBB》が動く!《バイナラシャッター》をJトルネードしながら、再び唱えられる《ラッキーナンバー》……宣言は「14」!



完全にtakiの行動を縛り上げた亘。takiは手札の《機術士ディール》を召喚し、「4」宣言で盤面を捌くことしかできない……!



亘のラストターン。《バングリッドX7》から《BAKUOOON・ミッツァイル》、そこから捲れる《天啓 CX-20》《ダダダチッコ・ダッチー》《マリゴルドⅢ》……ここから先は、もう語るだけ野暮だろう。



Winner:亘



「カリヤドネが着地したターン。手札、場、墓地の公開情報だけで、ナンバー「3」「14」宣言で詰むことは、少し考えればわかったはず。自分のもう1枚の手札は《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》だった。あそこは《カリヤドネ》を我慢して、《機術士ディール》で相手の《ダンダルダBB》を消さなきゃいけないターンだった……」takiはどこまでもストイックに振り返る。

それが、takiというプレイヤーを、takiたらしめている要因なのだとも言えよう。



takiのシークレットデッキを、亘のシークレットカードが突破した──、そんな劇的な試合に立ち会えたことを、筆者も光栄に思わざるを得ない。



二人の更なる活躍を願って、予選ラウンドは折り返し地点を通過した……!!



Round.4につづく
スポンサーサイト



[ 2019年12月04日 22:39 ] カテゴリ:カバレージ | TB(0) | CM(1)
私のラッキーナンバーは「6」です
[ 2019/12/05 15:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

総閲覧数
Twitter
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ニコニコ生放送
プロフィール

セキボン

Author:セキボン
もっとくわしく
※管理画面