セキボンのデュエルマスターズ日記inブログ

北海道 社会人DMプレイヤー 超不定期更新
セキボンのデュエルマスターズ日記inブログ TOP  >  カバレージ >  【非公式カバレージ】Final Round.2 めげ vs ササ【全国大会2019エリア代表決定戦北海道大会】

【非公式カバレージ】Final Round.2 めげ vs ササ【全国大会2019エリア代表決定戦北海道大会】

card100178745_1.jpg



Q.これは何?!
A.エリア予選で、観戦役のセキボンが独断と偏見で選んだアツい卓を、公式に無許可でカバレージにしちゃうコーナーだよ!!!(プレイヤーには許可取得済)

注)人生初カバレージです
注)今回は鮮度優先で書いているので、カバレージとしての完成度はあんまり期待しないでね

ではどうぞ!!



◆バックナンバー
Round.1 なつひこ vs イマイズミ
Round.2 北のkuro vs NAC
Round.3 taki vs 亘
Round.4 きゅーと vs TOMA
Round.5 NJ vs 大谷
Round.6 ヒラヒラ vs Uiharu
Final Round.1 ころっけ vs めげ


Final Round.2
めげ vs ササ




前哨戦も束の間、ここから先は一戦一戦が「全国出場」への階段となる。ある者は平常心で、ある者は神に祈りを捧げ、またある者は殺意むき出しで──、16人の精鋭は、たった一つの栄光を賭け、今このラウンドに臨む。



今回お送りするマッチアップは、Final Round.1で鮮やかな勝利を収めた「めげ」と、倒された「ころっけ」の仇を取りたい、ころっけと同じ調整メンバーで、予選1位、6勝0敗「ササ」との対戦だ!!



めげの紹介は前ラウンドを参照していただくとして、ここでは「ササ」を紹介する。












──ササ。「S●X」。












この勝負、一体どうなってしまうのか──!!



──。












冗談はさておき、「ササ」は筆者セキボンと同じ精神年齢デュエルマスターズをこよなく愛するプレイヤーの一人で、口癖はS●Xデュエルマスターズ最高。とにかくデッキを作るのが大好きで、とあるCSで「ガンスリンガー」の運営側を任された際に、ジャンボストレージいっぱいにデッキを用意してきた時には、さすがの筆者も度肝を抜かれた。

そんな「ササ」を紹介する上で外せないのは、こちらの動画と記事である。










「ガリュミーズ詠唱への挑戦」成功の立役者とはまさに彼のことで、彼がいなければあのデッキの完成はあり得なかった。とにかくカードへの知識の幅が広く、デッキビルダーとしての素質がズバ抜けているのだ。

では、所謂「ファンデッカー」なのかと言われたらそうではなく、もちろんファンデッキも数多く制作しているが、環境デッキや、環境に合わせたメタデッキを練るのも得意であり、速攻・ミッドレンジ・ループ・コントロールに至るまで、何でも扱う。ZweiLanceが「デスザーク」で3位入賞を果たした「GP7th2ブロック」では、前日に同じ宿で、同じ「デスザーク」を回したりもしていたという。(ちなみに当日は3-0からの0-2で失速したらしい)



……さて、「ササ」は、そのデッキビルダーとしての素養を発揮することができるのか。それとも、その前に「めげ」の「B-我」が貫くのか──!!

この一戦、筆者は数分前に悔しい思いをした「ころっけ」らと共に、固唾を呑んで見守ることにした。



──。



先攻はめげ。《こたつむり》《ナグナグ・チュリス》を置いて《一番隊 チュチュリス》を送り出す上々の立ち上がり。



一方のササは《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》《金剛の断ち 那暮/ダイヤモンド・カッター》をマナに置いて《ウォズレックの審問》を唱える。どこで見たようなカードがマナに見える……。



そう、このデッキはまさしく「北のkuro」との合作!デッキビルダー「ササ」は、やはり健在だった──!!






↑これからエリアの人にオススメ



──さて、ササの「ウォズレック」の前に「一番の秘密」を「差し出す」めげ。彼の手札は《一番隊 チュチュリス》《こたつむり》《ダチッコ・チュリス》。……そう、めげは《龍星装者 “B-我”ライザ》を始めとする、大型のビートジョッキーを引けていない──すなわち事故っていた。ササは迷わず《ダチッコ》を引き抜く。



めげはチャージ無しで《チュチュリス》を送り出すと、元々いた《チュチュリス》でシールドをブレイク。たとえ大型が引けない展開であったとしても、上からの回答が引けることに賭けて、早めに盾を詰めていく作戦に。



しかし、ササはそんな作戦を《幽鬼ブチャカティ》で咎めにかかる。《補充 CL-20》にこれを付けてブロッカーを確保すると、めげはこれに対する有効札を引けず、また《チュチュリス》を盾に向かわせることもできなくなってしまう。



そんなめげに対し、ササは容赦なく《ブチャカティ》2枚目を投下する。──そして、ヤツが戦場に降り立つ!!

card100171887_1.jpg


捲れたのは《白皇世の意志 御嶺》!!超巨大ブロッカーの完成である!!



「この試合はとにかく運が強かった!めげさんが事故ってくれたのもそうだけど、2枚の《ブチャカティ》はどっちもトップから引きました……!!」ササは試合後に、この3~4ターンをこう振り返った。



未だに回答を引けないめげを差し置いて、ササは《無修羅デジルムカデ》を《御嶺》に装着……!!後続のシャットアウトにかかる。



ここでめげは《DROROOON・バックラスター》を引き当て《グッドルッキン・ブラボー》をGR召喚すると、《ブチャカティ》の付いた《補充》を破壊。2体の《チュチュリス》を盾に向かわせ、細い勝ち筋を拾おうと奮闘する。



ササはこれをブロックせずに盾で受け止める。ここで《♪お眠りララバイ》がヒットし、《浄界の意志 ダリファント》が捲れ、殴り返し要員が確保される。



しかし、ササがブロックを選ばなかった理由はもっと単純だった。彼が次に送り出したのは《轢罪 エクスマ疫ナ》!!《チュチュリス》はすべて溶け、寝てる《ルッキン》は《ダリファント》の餌食に。



もはや虫の息となっためげに対し、次のターン、ササはトドメの一撃を刺す!

card100127877_1.jpg

《無双の縛り 達閃》!!それは事実上のゲームセットだった──!!



「投了で」



その数ターン後。ササの盤面には《達閃》2体目や《Wave ウェイブ》、《Code:1059》などをはじめ、それはそれは酷い盤面が出来上がっていた。最後は《「本日のラッキーナンバー!」》が2連打されたところでギブアップとなった──!!



Winner:ササ



鮮やか過ぎる前ラウンドとは打って変わって、事故の前に散っためげ。「B-我」というデッキは最大値が非常に高い分、こういった負け方もあるのだと思い知らされたラウンドであった。



一方、「ころっけ」の敵討ちに成功したササは、また一つ全国出場へ近づいた。これにはころっけも「帰らなくてよかった!!」と、自身の悔しさ以上にササの勝利を喜んだ!



「北のkuro」と共に開発した秘密兵器は、北海道エリアの台風の目となれるか──!?



Quarterfinalにつづく
スポンサーサイト



[ 2019年12月11日 23:36 ] カテゴリ:カバレージ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

総閲覧数
Twitter
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ニコニコ生放送
プロフィール

セキボン

Author:セキボン
もっとくわしく
※管理画面